費用が心配!ペニス増大薬の価格相場

ぺニス増大薬は原則として医療機関で処方を受ける以外に購入する方法はありません。
個人輸入を活用した方法は非正規ルートとなり、偽物に遭遇してしまう可能性が少なからずあります。
医療機関で処方を受けた場合の価格は1錠単位で設定されているのが普通で、薬の種類にもよりますが1,000円~2,000円程度の範囲内になっています。
ぺニス増大薬には保険が適用されないので、すべて自費診療という形で処方を受けるのです。
クリニック側がある程度自由に価格設定できるため、同じ薬の処方を受ける場合でも費用に大きな差があったりします。

最近はジェネリックが登場してきており、先発薬よりも300円くらい安いのが特徴です。
個人輸入を利用した場合は1錠300円などの格安で購入できる商品もあります。
個人輸入は成分特許が切れていなくても、自社の法律のもとに製造・販売ができるわけです。
そのためクリニックで処方を受けるよりも、圧倒的に安い費用で調達できます。
ただ信頼性を求めるなら偽物に遭遇する可能性がないクリニック処方がベストでしょう。
いくつかのクリニックに連絡し、事前に価格を教えてもらうのもいいです。
1,700円を超えるようなら少々価格が高いと考えてよいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です